山あるきなう」カテゴリーアーカイブ

マメザクラ咲く雨あがりの表尾根

4月16日、ヤビツ峠から表尾根に向かう。前日からの雨が長引き、湿度が高く冷たい風が吹いていたが、期待通りに桜の花は道のいたるところに咲いていた。ときどきガスが晴れると、軽塵が抑えられてしっとりとした山肌を眺めることができ … 続きを読む

カテゴリー: 山あるきなう | マメザクラ咲く雨あがりの表尾根 はコメントを受け付けていません

新潟の角田山は、春のお花の宝庫でした

雪割草・カタクリの花の群生の中、桜尾根をお花を愛でながら登り、下りは海を見下ろす眺望の灯台コースで、登りと下りで違う山かと思うような素敵な山行でした。たくさんのお花を楽しんだ後、海風を感じながらの岩場の下り、一粒で2度お … 続きを読む

カテゴリー: 山あるきなう | 新潟の角田山は、春のお花の宝庫でした はコメントを受け付けていません

北高尾山稜で基本の地図読み山行

今日はマイナールートでの基本の地図読み訓練を兼ねて、北高尾山稜の関場バス停~要倉山~本宮山~メシモリ山~陣場高原下のバス停まで歩いて来ました。適宜コンパスで進行方向や目標物を定め、尾根(踏み跡)や分岐を地形図で確認しなが … 続きを読む

カテゴリー: 山あるきなう | 北高尾山稜で基本の地図読み山行 はコメントを受け付けていません

ミツマタの花の盛りに、西丹沢・椿丸へ

丹沢湖の西側、世附川が流れ込むあたりからさらにさかのぼり、崩壊した林道、足場の板のかけた吊り橋を通って椿丸(902m)へのルートに取り付きます。ところどころに黄色い花の群落が広がり、その鮮やかさに目を奪われます。

カテゴリー: 山あるきなう | ミツマタの花の盛りに、西丹沢・椿丸へ はコメントを受け付けていません

春の儚い妖精を求めて石砂山へ

神奈川県の指定天然記念物であるギフ蝶は【スプリング・エフェメラル(春の儚い妖精)】と言われ石砂山(いしざれやま)が生息地となっています。3月14日、篠原の集落→石砂山→尾崎城(伏馬田城)→峰山→やまなみ温泉と歩いて来まし … 続きを読む

カテゴリー: 山あるきなう | 春の儚い妖精を求めて石砂山へ はコメントを受け付けていません

モミソ沢懸垂岩でRCTを実施しました

例年は5月、6月に実施していたRCT(岩登り訓練)を3月13日に行いました。沢登りを希望するメンバーや岩山登山を計画している人が増えたためです。やま++のRCTは本格的なクライミングを目指すものではありませんが、ロープで … 続きを読む

カテゴリー: 山あるきなう | モミソ沢懸垂岩でRCTを実施しました はコメントを受け付けていません

冬しか行けない焼岳南峰へ

上高地から近いピークとして人気のある焼岳。夏に登ることのできるのは噴煙のあがっている北峰です。冬になって雪がつくと岩が安定してくるため人気の雪山ルートになります。雪崩対策のシャベル、プローブ、ビーコンをもっての登山になり … 続きを読む

カテゴリー: 山あるきなう | 冬しか行けない焼岳南峰へ はコメントを受け付けていません

雪の大倉尾根を塔ノ岳へピストン

2月10日の雪で麻生区からは丹沢の山肌に雪がついているのが見えた。雪の山を期待してか、12日の渋沢駅にはバスを待つ登山者の長い列ができていた。登山道に入ってからも人の流れが途切れることはなかった。11日には霧氷の写真がS … 続きを読む

カテゴリー: 山あるきなう | 雪の大倉尾根を塔ノ岳へピストン はコメントを受け付けていません

ダイヤモンドダストが舞い飛ぶ黒斑山スノーシューハイク

前日に降ったたっぷりの雪のおかげで、黒斑山スノーシューハイク満喫しました。常時舞い飛ぶダイヤモンドダストが素晴らしかった。ただ三連休初日、関越がめちゃ混みで、到着時間が予定より相当遅れたので、トーミの頭で下り始めることに … 続きを読む

カテゴリー: 山あるきなう | ダイヤモンドダストが舞い飛ぶ黒斑山スノーシューハイク はコメントを受け付けていません

年末の上州で雪トレを実施

12月25日と26日に雪トレを実施しました。1日目はたんばらスキーパークで基礎トレーニング、2日目は白毛門で実地訓練を行いました。2日目は夜の間に新雪が積もり、腰までの雪をラッセルする場面もあり、途中で撤退しましたが、雪 … 続きを読む

カテゴリー: 山あるきなう | 年末の上州で雪トレを実施 はコメントを受け付けていません