Home » 山あるきなう » 奥又白池、雨で撤退

奥又白池、雨で撤退

  •   
正面の尾根中央にとりつくが、草で道が見えない。
晴れていれば松高ルンゼの先に前穂山頂が見えるはず

8月12日、徳澤園から5時に出発、ソロで奥又白池へ。林道が終わると籔が激しい。6時半に中畠新道にとりつき潅木帯の急登を登る。道は笹で覆われ、笹を束ねて手掛かりにして登っていく。「整備された登山道とは違う」といわれていたが厳しい。この山域で人に会うのはめずらしいが、池から下りてくる人に2人、登っていく人に1人会えた。ひとりは4峰狙いで幕営していたが夕べから雨でダメだと下ってきたのだという。8時過ぎに松高ルンゼといったん合流、道は右手に登っていく。2337高点の近くと思われるあたりで、雲が降りてきて雨も降りだした。9時に撤退を決める。雷雨も怖いし、帰りの急坂にもビビっていた。11時45分に中畠新道から出られた。13時20分に徳澤園に着いてほっとしたのだった。

9時に撤退を決めた。北尾根が見えていれば…
  •   奥又白池、雨で撤退 はコメントを受け付けていません

コメントは受け付けていません.